企業紹介 好餃子(ハオチャオズ)

好餃子(ハオチャオズ)
行列ができる餃子専門店。厳選された新鮮な食材を最新設備の工場で下ごしらえ、デパ地下などの店舗内で手包みして焼く実演販売のお店。平成15年からは飲茶専門店も展開し、店舗を拡大中。

 


昭和45年3月、創業者の渡邉敏夫がスーパーの一角を借り、夫婦で餃子の実演販売を始めたのが当社の始まりです。『家庭の味を大切にした、最上級のフツーの味』にこだわりました。これは言い換えると、「ご家庭で気軽に食べられて、誰にでも好かれ、毎日食べても飽きが来ない」というコンセプトとなります。

 

 

「好餃子」は餃子専門店。毎朝工場から直送されるできたての皮と具を、店舗内で手包みし、焼きます。

「好餃子」は餃子専門店。毎朝工場から直送されるできたての皮と具を、店舗内で手包みし、焼きます。

昭和57年に小田急百貨店本館にテナント1号店「餃子専門の店 好餃子(ハオチャオズ)」を開店、その後、三越、高島屋、松坂屋などに出店。平成6年に八王子市四谷町に新工場を設置しました。平成15年には新ブランドの飲茶専門店〈HAO2(ハオツー)〉を出店しました。

 

 

四谷工場。衛生管理の行き届いた、清潔な工場。特殊製法の皮を作る巨大な機械など、美味しい餃子を作るための秘密がいっぱい。日産能力70万個といわれる「好餃子」。皮の生産と具の下ごしらえはすべてこの工場で行われています。

四谷工場。衛生管理の行き届いた、清潔な工場。特殊製法の皮を作る巨大な機械など、美味しい餃子を作るための秘密がいっぱい。日産能力70万個といわれる「好餃子」。皮の生産と具の下ごしらえはすべてこの工場で行われています。

『美味しいものをお届けすること。店頭に並ぶ一つひとつが幸せのモトでありたい』という志から生まれました。

そのため、工場での生産から専用車でのデリバリー、そして販売まで細心の注意をはらい、品質の保持に心がけています。現在、都市型百貨店を中心に展開していますが、今後は「おいしいネットワーク」を広げることにより、さらに多くの人々に『幸せの素』をお届けしたいと考えています。

 

 

平成15年にスタートした好餃子の新ブランド「HAO2(ハオツー)」も人気を呼んでいます。こちらは好餃子の定番商品に加え、焼売や中華まん、魚介を使った点心など、多彩な商品を扱う飲茶専門店です。

平成15年にスタートした好餃子の新ブランド「HAO2(ハオツー)」も人気を呼んでいます。こちらは好餃子の定番商品に加え、焼売や中華まん、魚介を使った点心など、多彩な商品を扱う飲茶専門店です。

当社がスタッフに望むのは、「感謝の気持ちを忘れず、人に社会に喜んでもらえる人間に成長してほしい」ということです。餃子を買ってくださるお客様だけでなく、食材の生産・流通者の方々、販売の場を提供してくださる方々…すべてに感謝する気持ちが、商品を/お客様を/職場を大切にすることに繋がるからです。こうした感謝の気持ちを仕事の場で上手く表現できるよう、当社は実地研修を重視しています。

また、季節商品やイベント等の企画品、工場直送のクール宅急便やギフトなど、新しい商品やサービスを導入しています。当社はこれからも新たな美味しさ、新たな安心、新たな幸せにチャレンジし続けていきます。

 

 

 

株式会社ハオチャオズ〈販売〉
株式会社ワタナベ食品〈製造〉
・所在地 (本社)
八王子市中野上町5-22-10
TEL 042-627-8080
FAX 042-627-1836
E-mail gyoza@haochaozu.co.jp
(事務所・工場)
八王子市四谷町635-4
TEL 042-622-0287
FAX 042-623-9908
E-mail factory@haochaozu.co.jp
・代表者
代表取締役 渡邉 敏行
・創立年月日
昭和45年3月
・事業内容
餃子専門店好餃子によるデパ地下での実演販売を中心に、焼売や中華まん等の企画製造・販売
・資本金
1,000万円
・従業員数
240名(男子98名/女子142名)
《ホームページ》http://haochaozu.co.jp

 

※この記事は平成19年4月に書かれたものです。