ソメイヨシノとサクラ前線

接ぎ木や挿し木で繁殖させるという一種のクローン栽培である

ソメイヨシノソメイヨシノは、戦後になって事あるごとに植樹が進められた為、現在単一品種としては最も数の多いサクラとなっている。その起源については諸説紛々だったが、現在はオオシマザクラとエドヒガンの交雑種という事でほぼ一致している。
時代は浅く、1900年に日本園芸雑誌において命名された記事がある。普及品種であるにもかかわらず非常に不安定な遺伝子であり、それ故にソメイヨシノ同 士では結実しない。接ぎ木や挿し木で繁殖させるという一種のクローン栽培である為、生育は早いが寿命は短く、60年説もある。前述の様に戦後一気に増えた 分、今が更新期といえる。
そのクローン生まれの影響で、この木は気温等の気象条件さえ一致すれば、遠隔地同士であっても同時に開花する性質がある。この開花点地をつないだ線が、桜前線である。
日本各地に標準木が設定され、花が5~6輪咲くと開花とされる。ソメイヨシノが生育出来ない所ではヒカンザクラ(沖縄等)・エゾヤマザクラ(北海道の一部)で代用する。