キキョウと秋の七草

家紋として人気

キキョウキキョウは秋の七草の一つに数えられるが、どちらかといえば6月末~8月に掛けて咲く夏の花である。 蕾が膨らませた風船のような形をしているため、英名ではballoon flower(バルーンフラワー)という。 別名岡ととき。とときは同じく桔梗科のツリガネソウ(釣鐘草)のこと。漢方ではその根に鎮咳・鎮静・解熱等の効果があるとして重用される。 「桔梗」の字が「吉更=さらに吉」に通じるとして、キキョウは家紋としての人気が高かった。主に明智光秀を始めとして土岐氏の一族に使用された。 秋の七草の由来は、山上憶良の万葉集中の次の二首に由来するといわれる。

秋の野に咲きたる花を指折り かき数ふれば七種の花
萩の花 尾花 葛花 瞿麥の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花

今で言う朝顔の花は、当時まだ日本に伝えられていないか、あったとしても別名で呼ばれており、ここでいう朝貌は朝早くから咲く別の花のことを指す。様々な検証の結果、一般的に桔梗と見なされている。
春の七草は七草粥としてお節料理で疲れた胃を整える役目も持つが、秋の七草は純粋に目で楽しむものといえる。歌を詠む習慣があった頃は、野花を舌以上に視覚で味わった。花言葉は「誠実」「清楚な美しさ」。 先端まで張りつめた花びらは、愛の力強さを表している。