コスモスと宇宙

意外と丈夫

コスモス「コスモス」はキク科コスモス属の花の総称。一般的なピンク、赤、白色の花はオオハルシャギクという種類。コスモスには他にキバナコスモス(花は黄色)、 チョコレートの香りがするチョコレートコスモス(紫がかった茶色)という種類もある。キバナやチョコレートはオオハルシャギクと葉の形など明らかに違うの だが、オオハルシャギクの花の色だけをそのまま淡い黄やオレンジにしたイエローキャンパス・オレンジキャンパス、キバナとチョコレートの交配種ストロベ リーチョコレート(深い赤)など、新しい品種も次々に発表されている。 原産地はメキシコの高原地帯。18世紀末、スペインの派遣した収集家がマドリードの植物園に持ち込んだといわれている。日本への輸入は19世紀末。 語源は「秩序」「調和」「美しい」を意味するギリシャ語kosmos。花びらが秩序良く並ぶ様子から。kosmosに由来する語には英語cosmos(= 宇宙)もある。確かに、中心から花びらが秩序よく同心円状に伸びる様を見ていると、宇宙に通じる、ような気がしてくる。
雌しべに見える部分は実は筒状花という小さな黄色い花の集まり。外側の花びらを舌状花という。小さな花が集まった頭状花と呼ばれる花型はキク科特有。花言葉「乙女の純真」「愛情」と華奢な茎や葉の影響かかわいらしいが、意外と丈夫。日本各地で見られる。