モモの花と雛祭り

不老長寿などの効力

モモの花邪気を払い不老長寿を授けてくれる仙果
3月3日は雛祭り。甘酒や雛あられとともに、この日に欠かせないのがモモの花です。名前通り桃色の花をつけた枝を、雛人形と一緒に飾ります。
モモの花の季節は3月末~4月中旬。旧暦3月3日がちょうどこの頃にあたり、現在の暦の3月3日にはまだ自然の桃の花は咲いていません。
お店で売られているモモの花は観賞用の花桃で、実を重視するものは実桃と呼び分けます。桃と言えば果物、とお思いかもしれませんが、花桃も結構人気があります。中には「枝垂れザクラ」ならぬ「枝垂れモモ」も。サクラよりも色身の濃いピンクの花びらがまた一興です。
同じバラ科の植物であるサクラやウメに花がよく似ています。咲く時期によりある程度の判別はできますが、花びらの形でも見分けられます。
花びらの先が2つに分かれているのがサクラ、花びらがしっかりしていて先の丸いのがウメ、両者の中間くらいで先が分かれていないのがモモ。
原産地である中国では、桃の実は邪気を払い不老長寿を授けてくれる仙果とされています。中国の昔話『西遊記』の中で、孫悟空が罰を受けて岩山に封じ込められたのも、不老長寿などの効力がある桃を食べ荒らしたからとされています。
日本の昔話には『桃太郎』がありますが、そう考えると、桃から生まれた子供が悪い鬼を退治に出かけるというストーリーはなかなか奥が深そうですね。
桃の葉エキスは汗疹や湿疹に効くとされ、また保湿や抗菌の効能もあると言われています。種の核の部分は便秘など女性特有のトラブルに効果があると言われます。