七日正月と春の七草

君がため春の野に出て若菜(七草)摘むわが衣手にゆきはふりつつ

春の七草1月7日の朝に、春の七草を入れた粥を食べて、一年の無病息災を願う行事を七草といいます。お正月のご馳走やお酒で疲れた胃腸を癒すのにも、消化のよい粥 をいただくのは打ってつけと言えるでしょう。 この風習はもともと中国から伝わったもので、日本では奈良時代から行われているといわれています。また、1月7日は七日正月とも呼ばれており、江戸時代に は一年の節目を意味する五節句の最初の日である人日(じんじつ)として祝われました。7日が七日正月ならば、6日は六日年越しと呼ばれ、この日の晩に七草 ばやしを歌いながら、清浄なまな板の上で春の七草を包丁やすりこぎなどで28回たたき、翌7日の朝に更に21回たたいたものを粥に入れて炊きました。この 粥を家族揃って朝食時にいただき、今年一年の邪気を払って健康に過ごせる様に祈りを込めたのです。 では春の七草とは具体的にどんな草を指すかと申しますと、それらは地方によって若干の違いはありますが、一般的には「芹、なずな(ぺんぺん草)、ごぎょ う、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)」を指します。今日ではこの七草をセットにしたものが売られていますが、7種類全て揃えなく ても大根やかぶの葉、小松菜など手に入れ易い青菜を使ってもかまいません。栽培技術が発達した現在でこそ、冬でも野菜を豊富に手に入れることは出来ます が、本来、野菜の乏しい冬に七草を粥に入れて食べるということは、ビタミンなどの補給として栄養的にも理にかなっていることです。この様な風習は、先人の 良き智恵として未来に伝えていきたいものです。