八王子ラーメン横丁 紅虎餃子房

 

数多いメニューの中でも、紅虎餃子房山田店おすすめは、白雪山らーめん890円。山盛り野菜の上にたっぷりの粉チーズ。

数多いメニューの中でも、紅虎餃子房山田店おすすめは、白雪山らーめん890円。山盛り野菜の上にたっぷりの粉チーズ。

もう三年近く前になりますが、このコーナーで、万豚記(ワン ツー チ)横山町第二店をご紹介しました。ここ万豚記は際コーポレーションの直営店で、クリエイトホールの近くにある中華料理のお店。お昼には会社員らで連日混み合っている人気店です。
際コーポレーションは、アジア料理のお店を初め各種料理店の他にインテリアや食器類、服飾など、こだわりあるショップ展開をし、毎年四、五〇の新店舗をオープンさせています。
今回は、その際コーポレーションの直営店の一つである、紅虎餃子房山田店を訪れました。

 

 

山田駅前の道を南方へ、椚田遺跡公園通りとぶつかる三角地帯にあります。壁の独特のイラストが目印。

山田駅前の道を南方へ、椚田遺跡公園通りとぶつかる三角地帯にあります。壁の独特のイラストが目印。

ラーメンに蓮根とは、珍しい。
シャキシャキした食感。他にも青梗菜、山芋、キャベツ、など多品目の野菜を麺の上に山のように盛り、その上から更にふんだんに粉チーズをふったのが、白雪山らーめんです。

スープの最初の一口「甘めだな」と感じますが、粉チーズを崩して食べ進むうちにクリームパスタのような風味になり、絶妙のバランスに。
たっぷり入った野菜でかなりのボリューム感。コストパフォーマンスも文句なしです。

 

際コーポレーションは今年一七年目。直営店である紅虎餃子房は初出店から約一二年。山田店も開業からほぼ一二年、紅虎餃子房各店の中でも初期からのお店です。
店長さんはここ山田店に六年、店長さんとしては一〇年のベテラン。創始者である社長さんとは気心の知れた中で、その思いを反映したお店作りをされています。

 

一口メモ
・麺 細ストレート麺(白雪山らーめん)
紅虎餃子房で使用する麺は2種類。土鍋を使う煮込み系や味が強く主張する坦々麺には、のびにくく食べごたえあるもみ太麺。豚骨や醤油など、ベーシックなものにはストレート麺。
・具 蓮根、山芋、チンゲン菜、キャベツ、モヤシ、竹の子、平茸、袋茸、玉葱、長ネギ、粉チーズ(白雪山らーめん)
山と盛った野菜の上からたっぷりの粉チーズ。まさしく白雪を頂いた山を思わせる。
・スープ 基本となるのは、豚と鶏のガラ、モミジ(鳥の足)、老鶏(ロウチー)、香味野菜等をじっくり煮込んだ澄んだ色の清湯(チンタン)スープ。それに、豚足を5~6時間煮込んでゼリー状になったものと、豚骨の白湯(パイタン)スープ2つのペーストをブレンドし、合わせる。
・系 列 際コーポレーション直営店
・一人当りコスト 千円弱

 

 

店内はアジア的雰囲気。際コーポレーショングループ内の専門デザイナーがプロデュースする。

店内はアジア的雰囲気。際コーポレーショングループ内の専門デザイナーがプロデュースする。

万豚記もそうでしたが、紅虎餃子房でも、厨房に入るコックは本場中国人の方のみに限定しています。
食材も、モミジや老鶏など本場のものを使用。それに加えて、蓮根や山芋など日本古来の食材や粉チーズなども取り入れ、それぞれの良さを生かした新しい食感・風味に仕上げています。
お店自体はそれほど大きくないのに、メニューにぎっしり並んだ膨大な品数をこなす力量は、さすがです。

 

際コーポレーションを初期の頃から知る店長さん(写真右)。店長さんが入社された10年程前は店舗数もまだ多くはなかったこと。社長さんの奥様が中国人の方で、日常的に中華に親しんでおられたことがメニュー作りに生かされていることなど、色々興味深いお話を伺うことができた。

際コーポレーションを初期の頃から知る店長さん(写真右)。店長さんが入社された10年程前は店舗数もまだ多くはなかったこと。社長さんの奥様が中国人の方で、日常的に中華に親しんでおられたことがメニュー作りに生かされていることなど、色々興味深いお話を伺うことができた。

紅虎餃子房は店名にもある通り、餃子が一番の主力メニュー。
熱々の鉄鍋で焼く鉄鍋棒餃子は、ニンニクが入っていないのでランチでも大丈夫。元祖韮菜饅頭や上海小籠包なども人気。
他にもラーメン、炒飯はもちろん、定番の一品料理、炒麺(焼きそば、ビーフン)、おこげ、キムチや皮蛋豆腐といった小菜、土鍋飯、杏仁豆腐等定番のデザートまで各種豊富に取り揃えています。
春のお薦め料理としては、春野菜と鶏肉のすっきり醤油麺が店長さんイチ押し。春キャベツ、春竹の子、セリがたっぷり使われていてヘルシーな一品です。

 

紅虎餃子房
場所 東京都八王子市小比企町538-1《現地周辺地図
(京王高尾線山田駅徒歩5分)
TEL: 042-636-4349
営業時間 (各 閉店30分前ラストオーダー)
平 日  11:30~15:00、17:00~22:30
土日祝日 11:30~22:30
定休日 無 休

 

※この記事は平成19年4月に書かれたものです。