たまの探訪記 平山城址公園

 

六国台の展望台付近から市街地を見下ろす。風が心地いい。

六国台の展望台付近から市街地を見下ろす。風が心地いい。

今年の夏も暑い日が続きましたが、皆様無事乗り切ることができましたでしょうか。ようやく暑さも峠を越え、ハイキングにもちょうど良い季節になって参りました。八王子でハイキングといえば高尾山がメジャーですが、広い敷地を持つ八王子には、他にもたくさん観光スポットがあります。

 

 

 

平山城址公園 北中央口。城址公園という名称と、いかにも城壁風な塀を有してはいるが、塀は近年作られたもので、城跡ではない。

平山城址公園 北中央口。城址公園という名称と、いかにも城壁風な塀を有してはいるが、塀は近年作られたもので、城跡ではない。

その一つが、ここ平山城址公園です。 
広い公園内は、最低限の通路が確保されている他ほとんど人の手が入っていない山道も多く、自然が豊富に残されています。 
一歩山道に足を踏み入れると蝉の声と鳥の鳴き声に三百六十度取り囲まれ、草を掻き分けながら進むうちに、自然をとても身近に感じることができます。

 

駅名にもなっているので、名前は知っているけれどまだ行ったことがない、という方も多いのではないでしょうか。 
たまには、何もないことを楽しむ一日もいいのではないでしょうか。

 

 

公園内は野草の繁殖力が強く、花の蜜を求めて蝶の姿も多く見られます。蝶はかわいらしいですが、蜂も多いので、要注意。

公園内は野草の繁殖力が強く、花の蜜を求めて蝶の姿も多く見られます。蝶はかわいらしいですが、蜂も多いので、要注意。

京王線の平山城址公園駅は日野市にあるので、公園も日野市内にあると思っている方は、結構多いかもしれません。公園自体は、八王子市内の堀之内にあります。 
名前を冠しているとはいえ、平山城址公園駅からは、起伏のある坂道を二〇分ほど歩くことになります。

 

 

皇太子殿下ご結婚記念樹とその碑。

皇太子殿下ご結婚記念樹とその碑。

城址公園といっても厳密にはお城の跡ではなく、戦国時代の見張所が置かれていた所です。 
丘陵地の中腹に位置し、日野市や八王子市の町並と浅川の流れが一望できます。 
昭和三一年に公園として整備されましたが、自然にはあまり手が入れられずに残っています。

平山城址公園
嘉永(一一八二~四)年間に起こった源平一の谷の合戦で、熊谷直實と武勇を競った源氏方の侍大将、平山武者所季重に縁の地。 当時季重の見張所が置かれていたため、後世、季重の名前を冠して名付けられた。 やや下ったところに、季重を奉って作られた小振りな季重神社がある。 豊富な自然の中で野草、昆虫、野鳥などが生息し、春には山桜も美しい。 園内には小さな池があり、シオカラトンボやオニヤンマなどのトンボの生息地となっている。

 

 

湧き水を集めた猿渡の池は、シオカラトンボやオニヤンマの繁殖地となっている。わずかに残されたハンノキに、ハンノキムシの姿も見られる。

湧き水を集めた猿渡の池は、シオカラトンボやオニヤンマの繁殖地となっている。わずかに残されたハンノキに、ハンノキムシの姿も見られる。

八王子市は城跡も多く歴史の深い地ですが、土地の広大さもあって、史跡周辺を開発せず、自然のままで残すことも多いようです。 
ここ平山城址公園も、現在は階段やベンチを設けてはありますが、戦国時代に見張所が置かれたという面影を感じることができます。

自然は、時を重ねながら季節を繰り返します。今年も鳥は鳴き、蝶は飛び交い、蝉の合唱の中トンボが新しい命を生みます。その、同じ時に。

 

 

山道で見つけた蝉の抜殻。しっかり形を守ったままで残されていました。

山道で見つけた蝉の抜殻。しっかり形を守ったままで残されていました。

私達人間は、戦い、切り開き、時に自然を破壊し、盛者必衰の時の激流に揉まれながら時代を作り上げてきました。そして、これからも。 
自然は静かに見守るのみです。

 

 

六国台に続く坂道には、すべて階段が切ってありました。道中半ばまで、蜂が先導をするように足元を飛んでいて、追い越して怒らせないように苦労しました。六国の道を登っていくと見晴しのいい六国台へたどり着く。山道になっていて、繁殖力の強い野草が左右から葉を伸ばし、行く手を遮る中を掻き分けつつ進む。

六国台に続く坂道には、すべて階段が切ってありました。道中半ばまで、蜂が先導をするように足元を飛んでいて、追い越して怒らせないように苦労しました。六国の道を登っていくと見晴しのいい六国台へたどり着く。山道になっていて、繁殖力の強い野草が左右から葉を伸ばし、行く手を遮る中を掻き分けつつ進む。

これからの季節は「猿渡の池」にトンボも飛び、紅葉が見頃を迎えます。 
また、春には「さくらの道」沿いにノザクラなど五百本が咲き競う隠れた桜の名所となっています。 
お食事処や自販機などは付近にも一切ありません。でも、山道に入ると様々な野鳥の声が身近に感じられ、トンボや蝶をはじめとする昆虫も多く、自然を満喫できることと思います。

 

 

六国台にある藤棚。花の季節ではなかったが、鮮やかな緑の葉が生い茂り、涼しげな木陰を作っていた。

六国台にある藤棚。花の季節ではなかったが、鮮やかな緑の葉が生い茂り、涼しげな木陰を作っていた。

日頃の運動不足を感じておられる方。きれいな空気を胸いっぱいに吸いながら、野鳥の声をBGMに、蝶の舞う中を散策されてみてはいかがでしょうか。

近隣情報
多摩テック … 約0.8km
たくさんのアトラクションや温泉が人気。
多摩動物公園 … 約2km
コアラはぜひ一度見ておきたい。
長沼公園 … 約1.3km
こちらも自然が豊富。広いです。

 

 

平山城址公園
場所 京王線平山城址公園駅 徒歩20分≪現地周辺地図
TEL 桜ヶ丘公園管理所 042-375-1240

 

※この記事は平成17年9月に書かれたものです。