英語トリビア ビックリした時の表現

ビックリした時の表現 “Oh, my God !(オーマイガッド)”

映画などで良く聞くこのフレーズの意味、分かりますか?これは、日本人にも良く知られている“Wow!(ワオー!)”と同様にビックリした時の表現“Oh , my God !(オーマイガッド)”です。恐れ、怒り、また余りにも素晴らしい事がおこった時にも用いられます。実はこのフレーズ、以下の理由から容易に使用しない方が良い表現です。英語圏の国々では、子供へ注意を与えている親を見かけることも少なくありません。

・ ガッド=神の名をやたらと口にするのは、神への冒涜とされている。
・ 人種のるつぼであるアメリカでは、宗教も多種多様なものが信じられている為、考慮しなければならない。

キリスト教圏の人々にとって「神」という言葉を軽々しい気持ちで使うことはあまりにも恐れ多いことなので、英語を話す人の中にはこれらの理由で神の名を口にしたくない人達もいます。そこで彼らは上手に神の名を他の言葉に置き換え、彎曲的な言い方をしています。例えば、“Oh , my(オーマイ)”のようにGodを省いたり、Godの代わりにGodの遠回し表現、Goodness(グッドネス)、Gosh(ガッシュ)、Heaven(へブン)を用いたりします。これらは全てクリスチャンではない人や、気軽に神の名を口にしたくない信仰心の強いクリスチャンたちが使い始めたと言われています。

同じように、Jesus Christ!(ジーザス・クライスト/イエス・キリストの意)やJesus!(ジーザス)も、「何てこった!」という意味で使われますがNGです。こちらも彎曲表現のJeez!に置き換えられます。だからといって、クリスチャンでなければGodの使用を許されないという風潮があるわけではありません。上にあげた表現はみな驚き、恐れ、怒りや困惑を表します。あまりにも良いことが起こった時にも使います。その時の状況によって、「おやまあ」「まさか」「何てこった」「うっそ~」といったニュアンスになります。映画を見ていると色々出てきますから、注意して聞いてみると面白いかも知れません。

 

※この記事は平成18年7月に書かれたものです。