英語トリビア ハロウィンの起源を知っていますか?

ハロウィンの起源を知っていますか?

日本でも最近は10月に入ると、いたるところでハロウィンのディスプレイを目に するようになりました。ハロウィンは元々アメリカの行事ではなく、昔のヨーロッパで収穫の季節である秋が深まるにつれ、どんどん日が短くなり、夜が長くなっていくのは、Samhain(サウェン=死の世界の魂を支配する王)が太陽の光を奪ってしまう からに違いないと考えました。

そこで、収穫物をお供えして崇め祈り、死者の魂をなだめ翌年の幸運を祈りました。今では1年の収穫を供え・祝う日であり、死者がよみがえり暴れる日として、宗教的な意味合いを超えた、spooky(スプーキー/気味の悪いの意)な楽しいお祭りとして定着しました。

ハロウィンは10月31日に行われ、子供たちはそれぞれお化けの格好をして近所の家々を歩いてまわります。
そしてドアをたたき、”Trick or Treat!”(お菓子をく れないとイタズラしちゃうぞ)と言います。近所の家では子供が訪問するだろう数のお菓子を用意してどんなお化けが今年はやってくるのかと楽しみにしながら待っています。またハロウィン特有の面白いアイデアと言えば、カボチャ提灯ですが、この由来はアイルランド民話ジャックの話から来ています。その昔、ジャックという男がいました。この男は大変ないたずら好きで、ある日自分をあの世に連れて行こうとした悪魔を逆にいじめてしまいました。しかし、時が経ち、本当にジャックが亡くなった時に過去のいたずらのせいでジャックは天国に行くことができず、地獄でも門前払いをくらってしまいます。つまり、天国と地獄の間・ 黄泉の世界と呼ばれる世界をさまようことになってしまうのです。その時、途方にくれたジャックはくり抜いたカブの中に僅かな光を入れて提灯のようにしたそうです。この言い伝えがベースとなりカブ提灯の風習が始まりました。そして、この風習がアメリカに伝わると頑丈で日持ちが良い等の理由で、カブがカボチャに変わっていきました。

 

※この記事は平成18年10月に書かれたものです。