失敗しない家具家電選び

何かと出費の多い時期ですから、あれもこれもと欲張らず、自分に必要なアイテムや機能を見極めて ‘無駄買い’をしない強い意思も大切です。ご両親やひとり暮らしをしている人の意見も参考にしながら、 納得のいく家具家電選びをしましょう。スペースと効率を念頭に。

家具選びの基本

家具を収めるスペースは寸法を確認しておくこと。 家具の高さを低めに抑えると圧迫感がなく部屋が広く感じられる。 デザインや色のバランスを考え、統一感を心がける。 手入れがしやすく持ちのよい素材に。 デッドスペースは極力少なくするように工夫する。

テーブル

食卓とデスクを兼用にすることを前提に選びましょう。また、こたつと兼用のできるものや、天板が表裏でデザイン違いのものもあります。シンプルなスタイルのものなら、クロスをかけるだけでも印象はずいぶん変わります。

ベッド

布団の上げ下ろしを毎日する自信のない人には必需品。ベッドは場所をとるので圧迫感のないものがベター。ベッド下が収納スペースになっているものもあるので、部屋を広く使いたいなら検討してみましょう。

本棚

思いのほかスペースをとる学校の教科書。本や雑誌などはどんどん増えていくものなので、少し大きめのものを選びましょう。

収納・食器棚

ワンルームの部屋には収納や食器棚に代わるスペースがあったり、そもそもひとり暮らしの部屋に大きい家具を入れること自体控えたいものです。購入するのであれば、きれいに整理して収納できることだけを目的に選べば十分。高価なもの、大きいものである必要はありません。

洗濯機

夜に洗濯することも想定されるなら、ご近所のことを考えて音が静かなものを。容量は4リットル程度で全自動式がラク。洗濯機は製品によっていろいろな機能がありますが、学生のひとり暮らしならシンプルな機能のみで問題はないはず。

冷蔵庫

冷凍庫付きの小型のもので十分ですが、料理好きで自炊派の人はキッチンの広さを考慮して思いきって少し大きめのものを購入してもよいでしょう。

炊飯器・レンジ

一見贅沢にも思える電子レンジは、いろいろと応用が利くので購入しておきたいアイテムのひとつ。自炊の頻度に応じて選びたい。炊飯器はひとり分でもおいしく炊けるものを。

掃除機

快適なひとり暮らしのためにはお掃除もこまめにしたい。掃除機は吸引力のほか、軽さ、音の静かさなどを考慮して選びましょう。置き場所のことも考えてコンパクトなものを選びます。

AV機器

やはり部屋の広さに合った適度なサイズのものを。狭い部屋で画面が大きすぎるとかえって疲れます。 オーディオ機器も新たに購入するのであればコンパクトにまとめましょう。 できるだけヘッドホンの利用を。