お部屋の事を知りたい

あなたのシングルライフスタートに

新しい生活が始まる季節。家族と離れひとりの生活をスタートさせようとする時には大きな期待と不安を感じることと思います。新しく自分のお城となる部屋を選ぶとき。それに伴う契約についての内容や費用。お引越しのノウハウや集合住宅でのルール。ひとり暮らしの生活を安全で快適にするためのお手伝いになればと思います。

お部屋を探そう

家賃の上限を決めましょう。自分の希望を優先すると想定していた家賃以上の物件を選んでしまいがちです。 不安定なアルバイト収入などを予算に入れないようにしましょう。 駅に近くて通学に便利な地域がいい。或いは静かで落ち着いた環境がいい、など。 当然交通の便が良くにぎやかな地域は家賃が高くなりますのでA駅かB駅または路線では高いので A駅からB駅の間とか路線で探したり地域で探す方法もあります。

条件の折り合いをつける

フローリングの部屋、畳の部屋と好みも分かれます。バス・トイレが別、自炊したいのでガスキッチン、 大型のバイクが置ける駐輪場、ロフト付きの部屋、荷物が多いので大型収納で、オートロック、エレベーター付きで、 南向きのベランダ、室内洗濯機置場が欲しい、部屋の大きさも普通のワンルームで6帖くらいのスペースですが7帖以上は欲しい、 又キッチンと居室の別れた1Kで仕切りのドアのついた部屋など。希望を出しながら優先順位をつけてみてください。 築浅でマンションタイプが気に入ったからバス・トイレ別はガマンできるなど探していくうちに条件は変化していくものです。

セキュリティについて

女性のひとり暮らしのお部屋探しでは深夜帰宅する場合、道が暗く心配な地域、にぎやかだけど治安が心配な 地域はお勧めできません。又、洗濯物に他人の手の届く1階のお部屋は避けたほうが無難です。来客を確かめずに ドアを開けたり、ドアチェーンを掛け忘れたり・・ひとり暮らしに慣れてくると怠りがちな防犯意識ですが、 オートロックに頼らず自分の身は自分で守る意識を基本としましょう。

大切なのはご両親と相談して決めること。予算はもちろん、場所、通学手段、設備などで、大きく異なってくる。 自分のお部屋の条件をまず、いろいろな視点で決めておこう。

資料請求しておくられる不動産会社の無料情報誌や、不動産会社のサイトなどで調べるのが一般的。
・不動産会社へ直接行く
・情報誌を取り寄せ活用
・インターネットで調べる

契約金の内訳について

契約金の総額の算出については地域などにより相違があります。 東京都では、敷金(家賃の○ヶ月分)+礼金(家賃の○ヶ月分)+前家賃(当月分としては契約開始日からの日割りと 翌月分管理費(共益費も準じます)+仲介手数料(1ヶ月賃料+消費税)と住宅保険料(借主の家財に掛ける保険で 通常12,000円~18,000円くらい。2年間の契約期間を保証し、更新時再度保険契約) その他物件によれば鍵の交換代や部屋の消毒料を請求されるところもあり事前に内訳を確認することが大切です。

物件を下見しよう

図面の間取り図と実際はイメージが異なることが多いもの。南向きでも南に高い建物が建っていれば日当たりが悪かったり、対面の建物から部屋の中が丸見えだったり、近隣のお店に出入りする車が深夜までうるさかったり、実際の部屋を中だけでなく近隣の状況も確認しましょう。家具のサイズを測って配置を考えましょう。高層のマンション等では建物の強度の点で下の階ほど柱・梁を大きくとります。天井なども“下がり天井”といって梁の出た構造になり高さのある家具が入らなかったり、真四角な部屋と思ったら柱が大きく出ていて大きなベットが入りづらかったりすることもあります。

申込み

希望の物件が決まったら申込みをします。学生さんの場合本人が契約者となるか家賃を払ってくれる親御さんが契約者となるか貸主さんの考え方により違ってきます。親が契約者となる場合連帯保証人として別の親族を立てる必要も出てきます。又、いつから入居できるのか。いつから家賃が発生するのか。契約金としていくら必要なのか。必要な書類などとともに不動産会社の担当に詳しく聞いてください。解らないことは不安が残らないようしっかり聞いて納得のうえ申込みしてください。

入居審査

物件を管理している管理会社を通して貸主さんの審査が行われます。貸主さんとしては 大事な財産を借りていただく訳ですから毎月家賃をきちんと払ってくれるだけでなく 入居マナーを守ってくださる方、信頼関係を作れる方に借りていただきたいと思っています。 保証人さんの勤務先・勤続年数・年収など大事な個人情報を預かりますので不動産会社 としても慎重に管理が要求されるところです。

賃貸借契約について

審査が承認されると入居日(家賃の起算日)・契約日を設定します。 一般的な必要書類としては住民票身分証明書(学生証など)、保証人さんの印鑑証明書、 収入証明 などが要求されます。物件や地域などで変化があります。 事前に書面などで確認し、当日不足したものが無いようにします。 重要事項の説明では不動産会社の宅地建物取引主任者から物件の詳細、契約内容の 説明を受けます。疑問に思う事はその場で説明を受けます。 契約書の内容の確認をし、記名・捺印は慎重にきちんと説明を受けた上に行います。
「賃貸住宅紛争防止条例」について
東京都に居住する場合には契約書類に「賃貸住宅紛争防止条例」が加わります。 平成16年10月に東京都が解約時の原状回復の負担割合を巡って貸主・借主の紛争が多発していることから ガイドラインを作り賃貸借契約時に不動産業者より説明を受ける事としました。 原則としては、「経年変化及び通常の使用による損耗等の復旧については、貸主の費用負担で行い、 借主はその費用を負担しない」となっています。 但し、「借主の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など借主の責めに帰すべき事由 による住宅の損耗等があれば借主はその復旧費用を負担する。」となっています。

賃貸借契約につきものの用語の説明

共益費(管理費) 家賃の他に発生する費用で、家賃との合計額を毎月支払います。建物の共用部分(エントランス・階段・廊下など)の清掃、補修、警備等にかかる費用です。
契約期間 通常、賃貸借期間は2年間です。その後、更新契約で継続する場合が一般的。
更新料 契約期間が終了し 更新契約を行う際に必要な費用。 通常家賃の1ヶ月分。
敷金 賃貸借契約時に授受される金銭で利息なしで返金されるものです。 賃貸借の継続中は、例え未払い賃料があっても敷金が賃料に充当されることはありません。
礼金 賃貸借契約時に家主に支払うお金。通常返金されないもので、家主へのお礼の意味合いがあります。
連帯保証人 連帯保証人は、単なる保証人と違って債務者が弁済を履行できなかった場合に いきなり請求されたり、強制執行を受けたりすることがあります。つまり主債務者本人と同じ責任を負います。
建築・構造に関する用語の説明
アウトレット コンセントや電話機、テレビアンテナ等の接続口のことです。
アトリウム 中庭のことです。屋根の掛かった吹抜けの大空間に、大きな樹木を植え込んだ例が多い。
アプローチ 一般には接近という意味ですが、建築の分野では道路・広場から個々の建物 (住宅の場合は玄関)に至る通路をいいます。
ウォ-クインクローゼット(WIC) 造り付けの大型収納庫のことです。主として衣類の収納に利用されています。 家具というよりは部屋といえる大きさのもので、その中に入って使い、主寝室に接して設けられる場合が多いです。
エントランス 主として建物の玄関部分のことです。
オートロックシステム 部屋からの遠隔操作や暗証番号、ICカードキー等によって、建物正面玄関ドアの開閉を 制御するシステム。防犯強化につながる。
カウンターキッチン キッチンとリビング等を仕切っている壁に窓を開け、家事をしながら、リビングの様子が わかるようにしたキッチン。
グルニエ 屋根裏部屋。(仏語)
クレセント 引き違い窓や上げ下げ窓の召し合せ部分に取り付けられる内部からの戸締り金物のこと。
クローズドキッチン 「独立型キッチン」とも呼ばれます。キッチンを、ほかの部屋から独立させることで 料理中の煙や匂い、音などが漏れにくい。
クロゼット 洋室に設置された収納庫のことです。主に洋服類を収納するためにあり、 ハンガーパイプが付いていることが多く奥行きは50~60cm程度です。 (布団などの収納には適さないことに注意)
躯体(くたい) 建築物の建具、造作、仕上、設備等を除いた部分です。主として強度を受け持つ部位です。
ジャロジー 水平な羽板を縦に並べたルーバーで、羽板の角度を変えることができるものです。
シャンプードレッサー 洗髪洗面化粧台のこと。ハンドシャワーなどが付いているものもあります。通常より大型の 洗面ボウルになっています。
準耐火構造 耐火構造以外の構造であって、耐火構造に準ずる耐火性能で政令で定めるものを有するものをいいます。
センターコア方式 間取りの中央部分に玄関や水廻りの設備をもってきた間取りのこと。これにより各部屋の独立性が高くなる。
耐火構造 通常の火災時の加熱に、一定時間(30分~3時間)耐えられる構造をいいます。 主要構造部は火災時に燃焼しないだけでなく、崩壊・変形してはならないので、 主要構造部を耐火構造とすることが必要となります。 具体的には、主要構造部の種別、階数等によって、耐火時間が要求されています。 (階段については一定の仕様が定められています。)
耐震構造 地震の際、揺れに耐えるように設計された構造です。 上層部にいくほど揺れが大きくなります。
ダウンライト 天井埋込み型の照明器具で、ムード照明並びに天井面をすっきりさせるために使いますが、 小型のものは白熱灯・蛍光灯、 大型のものは水銀灯が使われます。
宅配ボックス 宅配業者が留守宅に対し、この宅配ボックスに荷物を入れ、施錠する。代わりに出てきた 保管を示すレシートを受け取り、受領印の代わりにする。
ディスポーザー 生ゴミ処理機。 キッチンのシンク下に取り付け、キッチンから出る生ゴミを機械で粉砕し、 下水道へ流し込んで捨てる装置のこと。最近では安全性や静粛性も改善されてきています。
ドアクローザー 開いた扉をスプリングの力で自動的に閉める装置です。フロアヒンジが床の下部に 埋め込まれるのに対し、本体は扉につけられ、枠につけられた2本の腕によって閉じます。 ドアチェックともいいます。
ドーマー 屋根裏採光のために屋根面から突出した小屋根に付ける窓のこと。
トラップ 衛生器具に近い排水配管の一部に水をためて、臭気などの逆流を防止する装置のこと。 一般に排水トラップとか水封トラップといいます。
テナント 一般的にはオフィスビルの事務所や店舗、又はマンションの事務所等の借主を指すことが多い。
パネル工法 柱・梁等の軸組を組んだところへ、パネル化された床・壁・天井等を組込んで 構成する構造です。軸部を含んでパネル化されたものもあります。
プレハブ住宅 プレハブ住宅(prefablication)とは、あらかじめ作っておくという意味です。プレハブ 住宅は、現場以外の場所(主として工場)で製造された部材等により、現場で組み立てられる住宅の事です。
免震構造 家具の店頭や、窓ガラスの破損など、地震の揺れによる被害を解決する為の 構造です。建物の揺れを減少させ、ゆっくりとした揺れに変化させるものです。
リフォーム 増改築、改修のことをいう和製英語です。尚、英語では、通常リモデル(remodel) という言葉が一般的に用いられています。
下がり天井 天井が低くなっている部分で、その中に梁やパイプスペース等がある。
耐力壁 組積造や壁式鉄筋コンクリート造の建物で、上部の重さ(垂直荷重)を支え、 地震力・風圧力等の水平力にも抵抗できるように設計した壁のことをいいます。 垂直荷重のみを負担し、水平力は負担しない耐力壁を支持壁と呼ぶこともあります。 単なる間仕切り壁のようなものは耐力壁とはいいません。
タウンハウス 広義には「低層集合住宅」と同義語として使用されます。狭義には低層集合住宅 の一形式を示し、各戸ごとに専有もしくは専用の庭を持ち、さらに、共有の オープンスペースを持つものをいいます。(テラスハウス)
パティオ 中庭の事。
バルコニー 建物の外側から突出し、室内生活の延長として活用できる屋根のない屋外の床の ことです。一方、屋根のあるものはベランダと呼んでいます。
反転型 アパート、マンションで、左右対称になった間取り。例えば、4世帯のアパートで 隣どうしの間取りでは、居室やバス・トイレ等の位置がそれぞれ左右対称になって いることが多い。
ピクチャーレール 絵などを飾るときのために、額縁などを吊るすためのフックを取り付けたレールのこと。 釘で壁に穴をあけなくてもすむ。正面からフックの溝が見えないタイプもあります。
ピロティ 建物の1階又は2階を列柱で支え、壁体などを作らない構造の部分をピロティと いいます。柱だけのピロティ部分と、壁体を有するほかの部分との剛性が異なるため、構造強度上、注意する必要があります。
防水パン 一般的に洗濯機の下に置くものです。排水口のある受け皿で、防水性の材料で作っている。
ユニットバス(UB) 工場で加工されたものを現場ではめ込むタイプ。浴室だけの場合と、洗面台、便器 を備えた3点タイプもあります。
ルーバー 羽板を平行にとりつけたもの、又は、それを装置している開口部をいいます。通風、換気、 日照調節、照度調整、目隠し等の目的で使用され、戸、窓、換気口、空調の吹き出し口等に使用されます。
ルーフバルコニー 下階の屋根部分を使用したバルコニーのことです。それにより、通常のバルコニー よりも広く、リビングの延長として使ったり、多目的に利用が可能です。
ロフト 屋根裏部屋のこと。一般的には、部屋の一部を上下に分けた、上部スペースを 指します。ベットルームや趣味のスペース、物置など多目的に利用できます。
ワンルーム 主に単身者用の住宅に使われることが多く、専有面積が20m2程度のマンションをいいます。
ALC造 オートクレーブ(高温高圧蒸気養生)して作った気泡コンクリート造です。 軽量で断熱性、耐久性に優れ、内外壁、屋根、床等に使われる構造です。
CATV 有線によって送受信の行われるテレビシステムです。電波の届かない山間やビルのうしろ など難視聴地域では、大容量の受信アンテナを山頂やビルの屋上に建設し、そこで受けた 電波を同軸ケーブルなどを通じて、各戸に分けて伝送するシステムのこと。 メディアの一つとして、地域内に小さなスタジオを作り、そこから直接有線でテレビ電波を 送ったり、各家庭から送信したりする双方向通信の有力な手段として、各地で 使われるようになっています。
IDSN サービス総合デジタル網。電話機やファクシミリ通信網、デジタル・データ交換網など 従来個別に構築されてきた通信網を1本にまとめ、情報の流れる効率性を高めようという もの。音声、画像、データなど種々の情報をデジタル信号に変換して送受信を行う。
IHクッキングヒーター IHとはInduction Heatingの略で、「電磁誘導加熱」という意味です。噴きこぼれによる立ち 消えの心配がなく、炎の燃焼がないので、酸欠や二酸化炭素の発生の心配がありません。 調理時の上昇気流が少ないので、油煙やススによる汚れや湿気によるダニ・カビも抑えます。
MB メーターボックスの略。電気、ガス、水道メーターを収めたスペース。
PC造 工場等で、あらかじめ型枠に打込まれて作られたコンクリート製の柱・梁・床板・ 壁パネル等の構造です。コンクリート系のプレハブ住宅などで用いられます。
RC造 鉄筋コンクリート造の略語です。 鉄筋コンクリートは、圧縮に強いが引っ張りに弱いコンクリートに、引っ張りに強い鉄筋を補強して一体とした構造体です。
SRC造 鉄骨鉄筋コンクリート構造のことです。鉄骨の骨組の周囲に鉄筋を配し、鉄筋コンクリート造と比べて、小さな断面に多量の鉄材をおさめられるという利点があり、又、耐力と粘りがあるため、高層建築に利用されます。
S造 鉄骨構造のことです。主要な骨組み部分に、形鋼・鋼板・鋼管等の鋼材を用いて組立てた構造。軽量かつ、靭性に富んだ構造が可能で、高層建築に用いられます。