株式会社WAKON様

株式会社WAKON様

株式会社WAKON代表取締役の許田様:サムライゲート新聞を持って頂きました
株式会社WAKON様 入口にはOkinawa Travel Infoのサインが!
株式会社WAKON様 女性スタッフの皆さんが活躍して活気のある会社です。

株式会社WAKON代表取締役の許田鎮男様とは 米国商工会議所の定例会議で知り合い、 その後嘉手納基地新聞サムライゲートの広告掲載依頼でお付き合いが始まりました。 現在WAKONが展開する沖縄観光ポータルサイト 「Okinawa Travel Info」と 弊社運営サムライゲートホームページで 相互バナーをリンクしています。 またサムライゲート新聞へもポータルサイト広告掲載を頂き、 沖縄営業所にとって大切なお客様です。 ポータルサイトは沖縄県内の観光情報はもちろん、 ホテル、飲食店の紹介、また通訳コンシェルジュの業務も展開している 県外からの観光客にとってはとても役に立つ情報ばかりです。 沖縄営業所の神谷が許田様にインタビューをしました。

神谷:
サムライゲート新聞へのポータルサイト広告掲載ありがとうございます。さっそくですが、広告の効果はありますか?
許田様:
県内からのアクセスも相当ありますので、米軍関係者がアクセスしていると思います。サムライゲート新聞へ広告掲載して良かったです。
神谷:
Okinawa Travel Infoのサイト見るだけで沖縄に行きたくなる気分にさせてくれますね。
許田様:
近々サイトはリニューアルする予定で、最終調整しています。
神谷:
そうなんですか!ポータルサイトもすごいと思ったのですが、Facebookのページも沖縄の様々な場所が紹介されて、人気だと思いますが、いかがですか?
許田様:
そうですね、海外のユーザーが見てくれています。
神谷:
どこの国の方が見ていますか?
許田様:
台湾、香港、タイ、インドネシアなど東アジアからの方が多いですね。Facebookは毎日更新していますので、飽きさせないためにもいろいろな場所へ行って取材しています。
神谷:
取材とはいえ、観光地や海などに出かけられるのは羨ましいです・・・。このポータルサイトをスタートさせようと思ったきっかけは何でしたか?
許田様:
沖縄は観光国際都市を目指しているので、沖縄へ訪れる外国人観光客が沖縄観光を満足して頂くため、沖縄での観光が不自由ないように少しでも手助け したく、スタートしました。外国人も様々ですので、英語はもちろんですが、中国語、韓国語にも対応したポータルサイトを目指しました。
神谷:
沖縄県内では韓国語で沖縄を紹介しているサイトは見た事ないので、これが県内初ではないでしょうか?
許田様:
そうかもしれませんね、現在はいろいろと沖縄の観光情報サイトは多くなっていますが、外国人の観光客に沖縄の魅力が伝えればいいなと思っています。
神谷:
県内にも大勢の外国人がいますし(米軍のことですが)、ポータルサイトは非常に役にたっていると思います!サムライゲート新聞へのポータルサイト広告掲載は数ヶ月前から掲載を頂いていますが、御社について教えてください。
許田様:
株式会社WAKONは今年1月に設立しました。私を含めて現在10人で業務を展開しています。ポータルサイトは今年5月に開設しましたので、まだ新しいサイトです。
神谷:
ポータルサイトもFBの更新、これからも楽しみにしています!今日はお忙しい中、ありがとうございました!

インタビュー後:
嘉手納基地新聞サムライゲートも嘉手納基地の中にいる兵隊、その家族、一般のアメリカ人向けに沖縄の情報を発信する業務は似ているので、沖縄営業所も株式会社WAKON様と今後も良いお付き合いが続けられるように、情報交換などもしたいと思いました。

株式会社WAKON
電話:098-840-1737
メール:wakon@okinawa-travel.info
Okinawa Travel Info: http://okinawa-travel.info/
Okinawa Travel Info Facebook: https://www.facebook.com/home.php#!/pages/Okinawa-Travel-Info/226587780813937?hc_location=strea